気になる最新の投資ニュースを毎日更新

株・FX・不動産投資・仮想通貨・ネットビジネスのニュースまとめサイト

【悲報】アマゾンのジェフ・ベゾス、業績鈍化とスキャンダルでFANGブームを完全に終わらせるwww

バフェット太郎です。

先日、アマゾン・ドットコム(AMZN)の創業者でCEOのジェフ・ベゾス氏が、25年間の結婚生活にピリオドを打つことを発表しました。

離婚の発端となったのはベゾス氏の浮気だったわけですが、とりわけ注目を集めたのはベゾス氏が保有するアマゾン株の行方でした。ベゾス氏はアマゾン株全体の16.3%を保有する筆頭株主で、ワシントン州の法律では、結婚中に獲得した資産は離婚に際して均等に配分されることから、8.15%がマッケンジー夫人の手に渡ることになりそうです。

マッケンジー夫人がアマゾン株を大量に保有することになれば、それだけ会社に対しての発言力が大きくなることを意味するため、投資家らにとって余計なリスクが高まることになります。

とはいえ、マッケンジー夫人も自らの言動で自身の資産を目減りさせたくはないでしょうから、できるだけ騒ぎ立てず、隠密に離婚手続きを進めることが予想されます。

【アマゾン・ドットコム(AMZN):週足】
1//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

ただし、アマゾンのチャートを眺めると、50週移動平均線に抑えられて急落する可能性が高まっています。

アマゾン株はグロース株投資家にとって最も人気のある銘柄のひとつでした。そのため、多くの個人投資家たちが自信満々でアマゾン株を保有していたわけですが、昨年の第3四半期以降、予想を下回る売上高が発表されると、株価は雪崩のように暴落していきました。

そして株価暴落以降、アマゾン株に集中投資していた投資ブロガーたちは相次いでブログの更新を休止し、中にはブログごと削除する人もいるなど無言の悲鳴が上がりました。

こうした中で今回のスキャンダルはアマゾン株の雰囲気をさらに悪化させるものです。

アマゾン株は高PERで知られていますが、これは業績が好調で投資家らから期待が集まっている時は問題になりませんが、業績が鈍化し、スキャンダルが投資家を失望させれば、高PERであることが問題視されて株価暴落に繋がります。

そのため、現在のアマゾン株の見通しは非常に悪いことから、グロース株投資家にとって最も評判の悪い不人気銘柄になりかねず、投資家は注視する必要があります。

グッドラック。


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


大変励みになります。今日も応援のポチお願いします 

SPONSORED LINK

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


Source: バフェット太郎の秘密のポートフォリオ
【悲報】アマゾンのジェフ・ベゾス、業績鈍化とスキャンダルでFANGブームを完全に終わらせるwww

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。