気になる最新の投資ニュースを毎日更新

株・FX・不動産投資・仮想通貨・ネットビジネスのニュースまとめサイト

クソダサい投資家は持ち株が値下がりするリスクよりも、配当再投資を怠る機会損失のリスクに危機感を持て!

バフェット太郎です。

投資の世界では、S&P500ETFに投資して配当を再投資し、長期で保有し続けることが最適解の一つとなっています。しかし、クソダサい投資家ほど暴落のリスクに怯えて配当再投資を躊躇したり、場合によっては狼狽売りをしたりするものです。

ハッキリ言いますが、彼らクソダサい投資家たちが最も気を付けなければならないことは、株価が下落するリスクではなく、機会損失のリスクです。これは、投資をしなかったせいで本来得られるはずの利益を逃すリスクのことです。

【S&P500種指数トータルリターン(年別):1926ー2017】
1
過去92年間のS&P500種指数のトータルリターン(年別)を振り返ると、インフレ率調整前の年平均利回りは12.1%でした。これはS&P500ETFに投資した場合、一年間で期待できる利回りが12.1%であることを意味するわけですが、あくまで平均値であって実際はこの数字よりも大きく振れる場合が多いです。

続きを読む

Source: バフェット太郎の秘密のポートフォリオ
クソダサい投資家は持ち株が値下がりするリスクよりも、配当再投資を怠る機会損失のリスクに危機感を持て!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。