気になる最新の投資ニュースを毎日更新

株・FX・不動産投資・仮想通貨・ネットビジネスのニュースまとめサイト

原油が暴落している理由と今後の見通し

バフェット太郎です。

原油先物価格はこれまで供給不足懸念から1バレル100ドルを目指すと予想されていたものの、実際は供給過剰状態に陥り値崩れを起こしています。

原油先物価格は1バレル60.67ドルと、10月の高値76.90ドルからー21%下げるなど、弱気相場の目安とされるー20%の下落率を突破しました。

【原油先物価格:週足】
1
原油先物価格は50週移動平均線を下回ったことで、17年上期につけた高値55ドルをサポートラインとして下落することが予想されます。また、その下には200週移動平均線が控えていることから、50ドル台後半で買い支えっれる公算が大きいです。

そもそも原油先物価格が暴落している主な要因は、米原油在庫量が増えていることに加えて、トランプ政権によるイラン産原油禁輸措置の適用除外が認められたことが挙げられます。

トランプ政権は11月5日、イランとの原油取引や金融取引の制限を含む制裁第二弾を発動したものの、8カ国・地域の原油取引に関しては180日間の適用除外が認められました。イランにとって原油輸出量全体の8割をこの8カ国・地域が占めていることから、供給ひっ迫懸念が後退し原油が売られたというわけです。

また、このところ増加傾向にある米原油在庫量も「売り」を加速させる原因になっています。

続きを読む

Source: バフェット太郎の秘密のポートフォリオ
原油が暴落している理由と今後の見通し

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。