気になる最新の投資ニュースを毎日更新

株・FX・不動産投資・仮想通貨・ネットビジネスのニュースまとめサイト

中国経済の鈍化が浮き彫りに 絶望する新興国株クラスタが未来に向けて今やるべきこと

バフェット太郎です。

9日のNYダウ株式市場は前日比ー201.92ドル(ー0.77%)安の2万5989.30ドルと下落して取引を終えました。下落した主な要因は、米中貿易摩擦を背景とした中国経済の失速が浮き彫りになったためです。

この日、中国国家統計局が発表した10月のPPI(生産者物価指数)は上昇率は前年同月比3.3%と、9月の3.6%から鈍化しました。鈍化は4カ月連続で、米中貿易摩擦が中国経済を圧迫しているのは明らかですが、新興国株クラスタは株価が低迷している今こそ愚直に積立投資するべきです。

【中国:PPI(生産者物価指数)】
1

【上海総合指数:日足】
2
上海総合指数は10月の底値2449ポイントから値を戻していたものの、50日移動平均線がレジスタンス(上値抵抗線)となり、再び下げに転じています。

【上海総合指数:週足(2003ー2018)】
4
今から11年前の2007年、中国株は「BRICs」ブームの波に乗り、二年前の底値である998ポイントからわずか二年で6124ポイントと6倍に値上がりしました。

当時、世界中の投資家たちが新興国は長期的な高成長が見込めるとして「BRICs」ブームに熱狂し、こぞって中国株に投資をしていました。名著『ウォール街のランダム・ウォーカー』の著者バートン・マルキール氏も、「低コストのインデックスファンドがベストな選択だ」としつつも、中国の成長株に投資していました。

しかし、金融危機をきっかけに中国株に投資していた米欧の機関投資家らが一斉に資金を引き上げると、中国株はたちまち暴落しました。また、その後も低迷が続き、結局値上がり益はこの11年間でほとんどありません。

加えて、中国株を中心に構成されている新興国株ETFも悲惨な結果となりました。

続きを読む

Source: バフェット太郎の秘密のポートフォリオ
中国経済の鈍化が浮き彫りに 絶望する新興国株クラスタが未来に向けて今やるべきこと

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。