気になる最新の投資ニュースを毎日更新

株・FX・不動産投資・仮想通貨・ネットビジネスのニュースまとめサイト

【FOMC:政策声明】政策金利据え置きも12月利上げを示唆、投資家はただ一握りの優良株を買い持ちしろ【決して手放すな】

バフェット太郎です。

8日のNYダウ株式市場は前日比+10.92ドル(+0.04%)高の2万6191.22ドルとほぼ横ばいで取引を終えました。昨日、株価が急騰したことによる反動と原油価格急落によるエネルギー株の下げ、そしてFOMC(米連邦公開市場委員会)が発表した声明が相場の重しとなりました。

この日、FOMCは政策金利の目標レンジを2.00~2.25%に据え置くことを決定しました。これは市場の予想通りの結果です。

声明によれば、「9月以降、労働市場が引き続き力強さを増し、経済活動が力強いペースで上向いている」とし、「家計支出は引き続き大幅に伸びる」と楽観的な見方をするなど、12月の利上げを示唆しました。

一方で、「企業の固定投資の伸びは今年に入ってから緩やかになった」として、将来の金利据え置きに含みを持たせました。とはいえ、12月の利上げ観測を退ける材料が見当たらなかったことから、12月の利上げはほぼ確実視されています。

10月に株価が暴落したことで、「12月の利上げは見送られるのでは?」との期待が一部では見られたものの、株価が再び過去最高値圏に浮上したことで、そうした望みはほぼ潰えたと言えそうです。ちなみに、CMEフェドウォッチによる市場が予想する12月の利上げ確率は75.8%となっています。

さて、パウエルFRB議長が先月、金利水準に対して「現時点では恐らく中立とは程遠い」とし、「金利を非常に小刻みに通常に戻す必要がある」と話したこから、引き続き段階的な利上げが実施される公算が大きいです。

つまり、米景気の拡大期は続くことが予想されるため、投資家は株を手放すべきではありません。

続きを読む

Source: バフェット太郎の秘密のポートフォリオ
【FOMC:政策声明】政策金利据え置きも12月利上げを示唆、投資家はただ一握りの優良株を買い持ちしろ【決して手放すな】

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。