気になる最新の投資ニュースを毎日更新

株・FX・不動産投資・仮想通貨・ネットビジネスのニュースまとめサイト

【ナンピン地獄の始まりか・・】シュルンベルジェ(SLB)に25万円追加投資した

石油開発支援最大手のシュルンベルジェ(SLB)に約25万円投資しました。

SLBは僕の「3大しんどい銘柄」の一つです。
(残り2つはアッヴィとIBM)

2017年6月に約50万円投資(@69ドル)
2017年12月に約20万円投資(@62ドル)
そして、今回3度目の投資(@52ドル)

最初去年6月に69ドルで買った時は、「2014年の110ドルからかなり落ちたな~。いいタイミングかな~」と思って拾いました。そしたら、その後もズルズルと下げて今の株価はなんと52ドル。含み損率25%くらいあります。ナンピン地獄が始まるのではないか・・と恐れています。

SLBは市況株なので、コカ・コーラやジョンソン&ジョンソン等の景気安定株と同じ目線でバリュエーション評価はできません。2018年予想PERは23倍ですが、これが高いのか低いのか判断付きません。PER23倍が妥当かどうかは今後の利益推移次第ですが、原油価格は上がったり下がったりで予想が難しいです。というか、SLBやXOMのような市況株の評価にPERは使えませんね。一応チェックはしますけど、ほんの参考程度です。

実はSLBは2016年度と2017年度は2期連続で最終赤字です。ただし営業利益ベースでは黒字ですし、営業キャッシュフローもプラスです。配当性向は100%を超えていますが、一株当たりフリーCFに対するDPS(一株当たり配当)の割合は78%でまだ余裕はあります。

と言っても、余裕綽々とは言い難く、今の利益水準のままだと大幅な増配は難しいと思っています。実際この3年間DPSは2ドルで据え置かれています。連続増配企業ではありません。

SLBは私のポートフォリオの中でも高いリスクを感じている銘柄の一つです。やはり、石油エネルギーの未来は予想できず、50年後もし石油が世の中から消えていたら、僕のSLB株(XOMも)は紙クズになってしまうのでは・・という危機感を持った状態で投資を続けています。

では、なんでこんなハイリスクな銘柄に投資しているのか?

それは、、「マーケットはエネルギー株の未来に悲観的になり過ぎている」という可能性に賭けているからです。SLBの配当利回りは4%近くまで上がってきました。減配することなく頑張ってもらって、今後の利益回復時に大きく増配してくれれば、長期での投資リターンは高くなるのではないか・・と期待して。

そんな自信があるわけじゃないです。ちょびちょび投資を続けてポートフォリオの5%程度まで増やせればいいかな~と思ってます。正直怖いです。この分野では最大手で財務が安定している点は安心材料ですが、石油エネルギーの未来がどうなるか予見できないですし、高いリスクを感じてます。このリスクが将来報われたらラッキーです。

SLBはエクソンやシェブロンなどの石油開発を支援する企業です。油井調査やワイヤーライン検層、掘削のサポートをします。詳しいことは知りませんが、その仕事内容は高度なハイテク技術に支えられているそうです。万が一、石油エネルギーが使われなくなる時代が来たとしても、シュルンベルジェの技術は社会のどこかで活用されるのではないか、、グーグルかどっかが買収する可能性もあるのでは、、などと勝手な想像をしています。

今のところ、エネルギー銘柄はエクソンモービル(XOM)とシュルンベルジェ(SLB)の2頭体制です。2つ合わせてポートフォリオ全体の10%が限界かな~というところ。もしかしたら、もう一つBPやシェル等の石油メジャーを追加するかもしれません。

不安感一杯ですが、これからもエネルギー株への投資は続けていきます。

(参考記事)
【SLB銘柄分析】シュルンベルジェは石油メジャーの開発を支援するハイテク企業

Source: Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!
【ナンピン地獄の始まりか・・】シュルンベルジェ(SLB)に25万円追加投資した

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。