気になる最新の投資ニュースを毎日更新

株・FX・不動産投資・仮想通貨・ネットビジネスのニュースまとめサイト

【米ISM製造業景況指数】米景気の底堅さを示唆、株高は続くか

バフェット太郎です。

10月、これまで強気相場の牽引役となってきたハイテク株を中心に「売り」が膨らんだことで、強気相場の終焉が意識されました。また、投資家の中には株価の暴落に不安と恐怖を感じて狼狽売りに走った人も少なくないと思います。

しかし、冷静になって米国経済を見れば、ただちにリセッション(景気後退)入りする公算は低いので投資家は強気相場から降りるべきではありません。

【米ISM製造業景況指数】
1
10月の米ISM製造業景況指数は予想59.0に対して、結果57.7と予想を下回ったものの、依然として高水準であることから、米国経済の底堅さが確認されました。

過去20年間のISM製造業景況指数を眺めると、50を下回ってからリセッション入りしていることがわかります。また、株価のピークアウトも50を下回ってからなので、現在57.7であることを考えると、強気相場が終焉すると考えるのは早計です。

ただし、ISM製造業景況指数を構成する項目を眺めると、徐々に低下していることから投資家は注意する必要があります。
続きを読む

Source: バフェット太郎の秘密のポートフォリオ
【米ISM製造業景況指数】米景気の底堅さを示唆、株高は続くか

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。