気になる最新の投資ニュースを毎日更新

株・FX・不動産投資・仮想通貨・ネットビジネスのニュースまとめサイト

【迷晴れボックス#58】その日の予定を埋めて、予定にないことはしない。

FX

ブログの『迷晴れボックス』から投稿された、負けトレード考察から、テクニカル・メンタル面についての気づきを共有する企画です。

なんじゃもんじゃさんのトレード

いつも動画拝見させていただいて勉強させていただいております。まだ、トレード初めて2か月の若輩者ですが、負けトレードを1度見ていただきたく投稿させていただきました。

1時間足2018/09/06(木)

環境認識

・今週は先週のはらみ内をトレードしている。
・先週高値(111.800)を9/5(水)にチャレンジしに行くが失敗。
・先週末からの上昇チャネルを作っている。

シナリオ

週足レベルの下降チャネルラインが111.800付近にあり、先週、今週水曜日とチャレンジしたが失敗したので上値が重たい、

週足レベルの戻り売りなどが入るポイントでもあるため、1時間足レベルの上昇チャネルから下抜ければショート。

15分足

1回目のトレード

9:00頃、先週金曜日からの上昇チャネルを下に抜け、前日の赤矢印安値を抜けた水色矢印の陽線の次の足が陰線になったところで111.425でショート。

損切は5PIPS、利確は先々週安値111.200下辺り。これはシナリオ通り動き20PIPSとれました。

5分足

2回目のトレード

前日高値から木曜底値までフィボナッチをあて、戻り売りを狙っていました。

戻りが浅く38.2辺りで下げ始めたので紫の切り上げライン下抜けた白矢印111.355でショート。

損切は5PIPS、利確は先週終値111.075付近。

今回のトレードの2回目が即損切になりましたが、下降の勢いが弱い場合の戻り売りは38.2では浅すぎたのでしょうか?50、61.8まで待ってからだったのでしょうか?

先週ハラミの真ん中付近だったので、売り買いの攻防中のカオスでしたでしょうか?

様子見するべきだったかと…時間的にも欧州時間の寸前だったので待って欧州初動を確認してからにすればよかったのでしょうか?

迷晴れ様のご意見をお聞かせいただきたいと思います。週刊チャートナビではここはトレードしないところだと思いますが(笑)

マヨハレ考察

1時間足

なんじゃもんじゃさんと同じく、ボクも緑ハラミ内部の値動きとして扱います。

緑ハラミのピンクラインがチャートを上下に分けていて、ここで反発するか、ブレイクして緑ハラミ㊦を目指すのか、この時点ではわかりません。

仮に、2回目のショートが成功したにしても、第一関門は111.20になります。

トレード始めて2ケ月で、このシナリオを立てられるなら立派なもんです。

15分足に日足ロウソク

まず始めに、ご質問にお答えします。

「下降の勢いが弱い場合の戻り売りは38.2では浅すぎたのでしょうか?」

フィボナッチ・リトレースメントは、通常、波の高安で引きますが、ブレイクアウトに絡んで急落・急騰があった場合は、その起点から引くようにしています。

ブレイク起点の方が、より意識されそう、というのは、あくまで経験法則ですが、急落起点の紫高値から測ったなら、決して浅い戻りではありません。

「先週ハラミの真ん中付近だったので、売り買いの攻防中のカオスでしたでしょうか?」

その通り、売りと買いに優劣がつけにくいところですが、センターラインを意識できていれば問題なしです。

「時間的にも欧州時間の寸前だったので待って欧州初動を確認してからにすればよかったのでしょうか?」

欧州初動を待つ、これは一理ありますね。欧州初動で次の値動きが決まることが多いので、待った方が賢明でしょう。

さてさて、2回目のショートに関して、少しだけボクの考えをお伝えします。

売りたいなら、買い手の心理を考えます。

1時間足上昇CHLで高値を掴んだ人は、9.6東京時間の急落に反応できずに含み損になっています。

この買いポジ、どうなったら、やれやれ…と手仕舞いますか?

おそらくそれは、天井を試して上げ止まったときでしょう。

さらに、1時間足上昇CHLで含み益がでてるトレーダーの利益確定売りも入ってきそうです。

高値更新期待で、青安値ロングしたトレーダーはどうでしょう。

これもやはり、天井を試して上がらなければ逃げ始めるでしょう。

そうやって、ボチボチ相場は向きを変え始めます。

相手の選択肢を減らすことが、こちらに有利になる。

先回の動画でお伝えしましたが、相手の選択肢が絞られるほど、わかりやすくて、勝ちやすいエントリーポイントになります。

ショートするなら、この”天井を試したが上がらない”という”証拠”を固める必要があります。

つまり、投稿者さんのタイミングでは、まだ”証拠固め”が足らなかったんです。

天井を試すという証拠固めが弱い段階で、アヤフヤな、5分足ナナメラインを数ピプス抜けただけで売ってしまってます。

値段感覚は合ってますが、時間感覚がズレてました。

相場は値段と時間のクロスで動意づきます。

1.現在値の意味を考える。

AとBのブロック、どちらのほうが、より買いたい人が多いでしょうか。

Aブロックは、まだ、高値更新を狙う人がいるでしょうし、レンジになるかもしれないところ。Bブロックは、明らかな下降トレンドが発生してます。

まだ、選択肢が色々残ってるAブロックと、ほぼ、戻り売りしかないBブロックでは、オーダーに偏りが出るのは当然なわけです。

2.時間感覚

時間感覚は、自動車の運転と同じで、経験がものをいいますが、ひとつ目安として、天井形成に要した時間をみてくさい。

天井形成の時間が長いほど、その天井を試して、もう上がれない証拠を固めるのに時間がかかります(絶対ではありません)

ならば、ブロックAの経過時間は適当ではないでしょうか。

ボクなら、もう一段小さな天井を試した赤〇上ヒゲをみてショートしますが、いづれにしても、レート感覚は理屈で理解できますが、時間感覚は車両感覚のようなもので、たくさん車に乗らないと身につきません。

トレードを始めて2ケ月ということなので焦らずいきましょう。

じんまるさんのトレード

私は、ポンド円のスプレッドが2ケタ以上の時代からFXにチャレンジし、未だに安定して勝てない状況です。

怒りに負ける。ロスカットができない。典型的なダメトレーダータイプです。先月も強制ロスカットをしてしまいました。本当にイヤになります。

迷晴れさんの動画には、2年以上前に出会いトレードに対する姿勢や考えが変わりました。にも関わらず、前述のようなことを繰り返してしまいます。2年以上も経過しているのにです…

自己分析としましては、ロスカットができない・怒る(怒りに任せてトレードをする)・完璧主義的な考え(ざっくりで考えられない)・すぐに金額で考えてしまう(もう5,000円プラスだから決済しとこうなど)・自分の環境認識やトレード根拠に自信がない(自信がないので目先の動きに振り回されてしまう)・最後は祈りに任せる(結局こればかり)・メンタルが弱いと、こうして見ても、勝ち続けることはできないと自分で痛感します。

それでも諦め切れずに、FXに取り組んでいる次第です。

この諦めの悪さもトレードにおいては、ロスカットできないという部分につながっているかもしれません。

本日、初めて迷晴れさんにメッセージをさせていただきますが、まずもってお礼を申し上げます。本当にありがとうございます。

先日の動画「才能は孤独な時間に花開く」には、涙が止まりませんでした。

自分自身を否定して否定して、否定して否定して、勝てないのはすべて自分のせい。自分の弱さのせいと、毎日のように自分を責めていました。

迷晴れさんの「それも才能。ムリして直す必要ありますか」というメッセージに、本当に救われた気持ちになり、動画後も涙は止まりませんでした。

みなさんのお礼メールは「勝てるようになりました」という内容ですが、私は勝てるようにはなっておらず、こんな内容のお礼しかできず申し訳ありません。

しかしながら、勝てる場面が劇的に増えたのは事実です。本当にありがとうございます。自信がないながらも、その通りになることがソコソコ増えてきました。

ただ、その通りにならなかった時に、なかなか認めることができず、というより怒りの感情に支配され、結局は設定したロスカットを取り消しし、祈りの時間に入っていくのです。

そして大きくロスカットすることになります。性格的なものはともかく、ロスカットができないことは絶対的に直す必要があるのは間違いありません。そこだけは、真剣に取り組んでいこうと決意しています。

とはいえ、こんな決意は何度もしましたが…

今回、迷晴れさんにお送りさせていただいたトレードは、純粋な負けトレードではないのですが、「決めたことができなかった」という意味ではダメトレードだったと思っています。

迷晴れさんから見た、私の環境認識の抜け漏れ、思考の違和感をご指摘頂きたく、トレード内容をお送りさせていただきました。

なるべくロング・ショート両方の視点を忘れないようにし、どちらの可能性も考えるようにしてはいるのですが、だんだんとどちらかの視点にバイアスがかかり出すのが常です。

逆の目線でバイアスがかかり、エントリーを繰り返し、ようやくその逆の目線に確信を持てたのに、利益を伸ばし切れなかった事例になります。

AUDJPY 10月3日

◆14:18 81.622 ロングエントリー

◇15:58 81.640 決済 +1.8pips

これはこれで問題なかったと思っています

◆19:47 81.448 ロングエントリー

◇20:07 81.382 決済 -6.6pips

根拠不明瞭。無駄なトレードだったと思っています。

◆20:07 81.378 ショートエントリー

◇翌14:54 81.011 決済 +36.7pips

もっと利益を伸ばせた。そもそもエントリーが早かったかなと思っています。2回目のエントリーで若干の怒りマインドがあり、決済とほぼ同時にショートをエントリーしました。

3回のトレードともに、仕事中(外勤移動中)で、iphoneでのトレードでした。(前日夜にMT5で環境認識はある程度しています)

また、以前迷晴れさんが動画内で、AUDよりUSDの方がいいとおっしゃっていましたが、証拠金が少なくて済むことと、個人的にはチャートが分かりやすい印象があり、AUDJPYをメインでトレードしています。

またチャートには、フィボナッチや迷晴れさんの代名詞「上位足表示」も行いますが、iphoneでトレードすることも多いので、ローソク足と移動平均線、水平線をメインに環境認識とトレードポイントを決めることが多いです。

迷晴れさんのお陰で、思考の幅が出てきましたし、動画を拝見している最中にも、理解が進む瞬間を幾度となく感じています。

とはいえ、まだまだ叱責されるべくポイントが散見されると思いますので、なにとぞ、率直なご指摘を頂戴できますと幸甚です。

最後になりますが、迷晴れさん。本当にありがとうございます。迷晴れさんの存在が、今の私には必要不可欠です。

必ず『勝てるようになりました』とメッセージできるように精進しますので、引き続き、質が高く、愛に溢れる動画をよろしくお願い致します!

マヨハレ考察

AUDJPY H4

黄ブロックをブレイクさせた82.5で天井をつくりました。82.5を強いレジスタンスとすれば、高値Eを上抜くまで売り目線です。

スキャルで短期決済前提のロングならアリですが、高値E抜け期待なら、それは、順張りでも、逆張りでもなく、欲張りです。3トップや三尊になることだってあります。

AUDJPY M15

Dネックライン・サポートから高値Eを狙うなら、Fラインを越えなければ、即、撤退します。

AUDJPY M5 1回目のエントリー +1.8pips

Fネックラインを越えないことで撤退できたのでOK。そもそも、欲張りトレードが、シナリオ通りにならなかっただけの話です。

AUDJPY M5 2回目のエントリー -6.6pips

J高値がF高値を更新しなかった時点で、Wボトム失敗を疑います。買うにしても、せめて、短期ダウが買い転換するまで待ったほうがいいでしょう。

1回目のロングが失速して、お手つきしちゃったようですが、損切りできているので問題ないでしょう。

大切なのはミスの原因を究明して2度と起こさない(それでも起こしますが…)よう意識することです。

ボクなら、基本的に売り目線なので、もっともっと、買いのエネルギーを溜めてくれ!と祈るところです。

問題は、この2回目のトレードをきっかけにして、脳内に変なホルモンが出て、超人ハルクに変身してしまったことです。

AUDJPY M5 3回目のエントリー +36.7pips

2回目の損切りから、即、ドテン。これは、どう考えてもリベンジですね。

Dネックラインをまだ下抜けてません。結果的に勝ててますが、これは、結果オーライとはいえません。

2回目のトレードが損切りだったことから、3回目のトレードで損切りを躊躇したのでしょうか、もはや”祈り”になってしまってます。

AUDJPY M15 3回目のトレード

利延ばしについてルールは人それぞれですが、たとえば、トレンドラインを引いて、それをブレイクするまで保有してみてはどうでしょう。

トレンドラインを崩すまで、トレンドは絶対に続くものなので。

じんまるさんは、どこで、何をすればいいのかは大体わかってるのだと思います。

課題は、ご本人も気づかれてますが、”感情”との向き合い方がうまくいかないのではないでしょうか。

感情を露わにすれば、誰でも、間違います。

ボクの小さな部屋には、”嘆きの壁”と呼んでいる、過去の悲惨な爪痕が残されています。

普段、温厚なボクでも、そうなるんです。

当時はまだ枚数も少なく、そこまで深刻な損失でもないのに、自分のふがいなさに発狂してました。

何回も、何回も、同じミスを繰り返してしまう自分自身に腹を立ててました。

  • ロスカットできない。
  • 怒りに任せてトレードをする。
  • 完璧主義でざっくり考えられない。
  • 金額でびびる。
  • 自信がないので目先の動きに振り回されてしまう。
  • 最後は祈る。

これはすべてマトモな人間の反応です。最初から感情をコントロールできる人の方が異常なんです。

ただ、感情があまり動かない異常な人はいます、そういう人は、その才能の代わりに、何か、別のものも欠損しているかもしれません。

何かあれば”感情”が露わになるのは普通のこと、それを抑えるなんてムリだし、慣れてくれば多少打たれ強くはなりますが、メンタルが強いのとは違います。

では、どういうときに人は平常心を失い、感情を露わにするのか。

それは、予期しないことが起こったときです。

TDLに行ったら、ミッキーマウスの隣にピカチューが立ってたら、びっくりします、ありえないからです。

相場では何事も起こり得るのに、それでも、有りえないスイッチが入ります。

Wボトムが失敗したら、下がるだろう。てゆーか、下がれよ!売り!みたいな…もはや、自分の都合でしか、相場が見れなくなります。

感情を露わにしないためには、予定にないことをしないでけです。

メンタルとか関係ありません。

予定通りに負けても、不思議と腹が立ちません。自分の行動を拒否られた気持ちにもなりません。

1回目のエントリーのとき、それが失敗したときのシナリオと、ネックラインを割ったときのシナリオを用意できていたでしょうか。

1回目のロングで上がらなければ、Wボトムが崩れるシナリオと、ネックラインから2回目のロングで上がるシナリオ(高値を切下げているので1回目より成功率は低い)が残ります。

備えあれば憂いなし。

そこまで、事前に用意しておけば、予定通りの行動しかやりたくなくなります。

たとえば、金曜日の夜に、彼女と、日曜日のデートを約束したとします。

ところが、土曜の夜に、友達から合コンに誘われます。しかも、カラオケでオールになるかも…

勿論、じんまるさんは、合コンを断るでしょう。日曜日に大切なデートがあるからです。感情的には、合コンにも行きたいわけですが…そこは、本能より、約束したのだからと理性が勝るはずです。

ところが、土曜の夜、日曜日にデートに誘おうと思っていたら、その直前に、友達からの電話で合コンの誘い。

じんまるさんが断わろうとした瞬間、友達が、CAだよ。

今回は合コンに行くか…となります。

ところが行ってみたら、盛り上がりにかける合コン、さらに、彼女ともデートできずに、散々な週末。

一日のスケジュールを決めて、予定を埋めてしまえばいいんです。

感情的に空白を埋めたくなるのは、一日のスケジュールが決まってないからではないでしょうか。

相場は無茶苦茶には動いてないので、今日一日のことぐらいなら、見当がつくスキルを持っていると思います。

それと、勝ち負けに関係なく、予定通りのことをしていれば、次のトレードに響きにくくなります。

じんまるさんは1回目のトレードに気合が入りすぎて、2回目のトレードから調子を崩すようにみえます。

このジンクスを崩し、流れを変える方法として、たとえば、本格的に動き出す前に、枚数を薄くして打診打ちする方法もあります。

これは、試し打ちのようなもので、その方が、2回目のエントリーにかかるメンタル負荷が軽く、雑念が入りにくくなります。

それでも、ミスをしてしまったら、チャートを閉じて30分休憩してください。1回づつインターバルをいれて、流れを断ち切るのです。

モノローグ

自分には、どうすることもできない課題は、課せられないと思っています。

降りかかる問題は、すべて自己解決できて、なんとか生きて行けると信じています。

40代、人生で最悪な状態になったとき、紹介された高名な占い師に、50才のボクは生きてるか?と聞いたら、生きてる、と言われました。

今、ボクは生きてるし、人生、前向きに生きれば、なんとかなるもんです。

じんまるさんは、かなり自分を責めているご様子ですが、周りの人や社会に当たらずにいるのは、それだけ真人間な証拠です。

痛い思いをたくさんした人のほうが、人間として深みが増すといいます。

エリック・クラプトンの『ティアーズ・イン・へヴン』という曲があります。

この曲は、クラプトン46歳のとき、事故で亡くした4歳の息子に書いたものです。

この息子の死がきっかけとなり、酒、ドラッグに溺れていたクラプトンは、生まれ変わりました。

苦しみや悲しみも、悪いことばかりじゃありません。

あと、気持ちのリセットも大切です。

山は癒し、海は浄化と聞きます。

ボクも、最近、体調や気分がすぐれず、とても疲れやすいので、朝早く、森を歩いています。

草を踏んで、風を感じて、天を仰ぐ。

そういうことって意外に大切だったりしますよ。

じんまるさん、この映画を観ると、きっと旅に出たくなりますよ。いい季節です、露天風呂に入って星空でも眺めてきてください(^_-)-☆


LIFE!/ライフ オリジナル版 (字幕版)
LIFE!/ライフ オリジナル版 (字幕版)

 

◆お断り◆
この動画は「学習」を目的に制作されたものです。個人の見解を過去のチャートから解説したものであり、未来を予想したり、利益を保証するものではありません。

記事へのレビューやご意見はコメント欄をご利用ください。コメントを「読者さまの声」としてブログや動画に掲載させていただくことがございます。

◆著作権について◆
当サイトは無料でご覧頂けますが、著作権は放棄しておりません。動画等のコンテンツを営利目的でお使い頂くことはできません。

詳細はご利用についてをご覧ください。

Source: 迷晴れFX
【迷晴れボックス#58】その日の予定を埋めて、予定にないことはしない。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。