気になる最新の投資ニュースを毎日更新

株・FX・不動産投資・仮想通貨・ネットビジネスのニュースまとめサイト

あんなに強かったのに・・・!ポートフォリオに組み込んだ途端弱くなる銘柄達

投資まとめ

 

こんにちわ、リョウスケです。

 

私の職場には、多くの外国人がいるんですが、彼らが日本に興味をもったきっかけは、「漫画・アニメ」なんだそうです。

 

そんな外国人と一緒に仕事をするためには、しっかりとコミュニケーションを取ることが一番大事かなと考え、共通の話題を得るために私も、漫画やアニメを見るようになりました。

 

おかげで、今では、よほどマニアックなものでない限り、ある程度話を合わせることができます。まあ、元々、私も学生の頃は、漫画やアニメが大好きでしたからね。入り込むことは簡単だったんですよね。

 

ところで、漫画を見ていると、ある「キャラクター」達の変化に、がっかりするんですよ。

 

それは、「敵だったときは、めっちゃ強かったけど、味方になった途端弱くなるキャラ」です。

 

敵だった頃は強かったのに味方になった途端弱くなるキャラ「ウォーズマン」

 

例えば、私と同世代の方なら、大好きな方も多いと思うのですが、「キン肉マン」に出てくる「ウォーズマン」ですね。あの「コーホー」でお馴染みのキャラです。

 

f:id:ryosuke1123:20180613125852p:plain

 

見た目も格好いいし、登場した当初はめっちゃ強かったんですよ。

超人オリンピックでは、圧倒的な力で勝ち上がり、あのラーメンマンを植物超人に至らしめ、キン肉マンをKO寸前まで追い込みますからね。

 

その後、キン肉マンの友情によって、正義超人の仲間入りとなります。

 

しかし、その後が酷かった・・・。

 

悪魔超人編では、バッファローマンの圧倒的な力で敗れ去り、悪魔六騎士編では、戦闘すらしませんでした。夢の超人タッグ編では、ネプチューンマン率いるヘルミッショネルズにあっさり負け、王位争奪編でも、目立った活躍をせず・・・そのまま終わりました。

 

f:id:ryosuke1123:20180613130936p:plain

 

まあ、この人と戦う相手が、ほぼラスボスだったことを考えると、仕方がないのですが、私の記憶が正しければ、正義超人の仲間になってからは、1回だけ(ザ・マンリキ)しか勝ってないような気がします(二世は除く)。

 

やっぱり、子供って強いキャラが好きですからね。子供の頃の私は、ウォーズマン大嫌いでしたよ。あのテリーマンですら、そこそこ活躍しているのに、あの強いウォーズマンどこいったんだよ・・・ってムカついてました。

 

まあ、この「キン肉マン」という漫画は、これまで圧倒的に強かったキャラが、噛ませ犬と化すことが多いので、仕方がないかもしれません。

 

ただ、最新のキン肉マンでは、王位争奪編に出てきた運命の王子たちが登場しています。

 

f:id:ryosuke1123:20180613131701p:plain

 

私の中でのキン肉マンは、「悪魔将軍」と「キン肉マンスーパーフェニックス」がラスボスだと思っているので、この二人の超人は噛ませ犬にはしないで欲しいです。

 

他にもこんなキャラクターにがっかり・・・ピッコロ大魔王とラオウ!

 

<プロモーションドリンク>

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

 

//

 

他にもがっかりするキャラクターは、たくさんいるんですけど、「ピッコロ大魔王(マジュニア含む)」も残念でしたよね。

 

初登場時に、少年誌、単行本、アニメリアルタイムで見ていた人は、絶望したんじゃないですかね。

 

あの強かったクリリンが、ピッコロ大魔王の配下にあっさりとコ○されてしまい、当時、無敵を誇った悟空も、ヨボヨボの年寄りだった大魔王に、あっさり負けてしまい、しかも、その後、若返りさらにパワーアップしますからね。

 

当時、子供だった、私は、「こんな奴にどうやって勝てんねん!」って思いましたもん。私の中では、漫画絶望シーン三傑の一つに入りますよ。

 

f:id:ryosuke1123:20180613132807p:plain

 

その後、主人公である孫悟空は、苦労の末、大魔王を倒し、天下一武道会でマジュニアを倒すわけですが、それでも、圧倒的な力を誇っておりました。

 

でも・・・その後がひどかった・・・。

 

サイヤ人編では、まだマシでしたよ。悟飯を守って果てるという名シーンを生みましたからね。

 

フリーザ編では、ナメック星人と同化して「究極のパワーを手に入れた!フハハハ。」とイキって言っていた割には、目立った活躍をせず。

 

f:id:ryosuke1123:20180613133617p:plain

 

この嬉しそうな顔・・・ピッコロの末路を知っていると、なんか滑稽ですよね。

 

人造人間編では、ドクターゲロにパワーを奪われてしまう、という失態をしますし(その後勝つけどね)、神様と合体という、さらにパワーアップをしたにも関わらず、目立った活躍をせず、ですからね。

 

その後は、解説要員として大活躍されますが、かつて絶望を感じた読者はがっかりしますよね。

 

あと、北斗の拳の恐怖の世紀末覇者「拳王(ラオウ)」もがっかりです。

 

説明不要な、恐怖の覇王で、とんでもなく強いですが、聖帝サウザー編では、がっかりの連続ですからね。

 

まず、サウザーの体の秘密が分からず、対決を避けていますからね。剛の拳はどうした、ラオウ!って感じですよ。

 

さらに、サウザーがケンシロウを倒す寸前のシーンなんて、がっかりにも程があります。

 

北斗兄弟が見守る中、サウザーが圧倒的な力を見せつけて、ケンシロウを追い詰めるんですよ。

f:id:ryosuke1123:20180613134522p:plain

 

サウザーは言います「フフハハハ!次は誰だ、トキかラオウか!!」

 

少年の読者は思うじゃないですか・・・「え?ラオウにそんなこと言う?ボコボコにされるよ」ってね。

 

でも、ラオウは驚きの言葉を言います。

 

f:id:ryosuke1123:20180613134956p:plain

 

ラオウ「おごるな!サウザー!!貴様の体の謎は時が知っておるわ!」

 

サウザー「なに!」

 

トキ「すっ・・・」

 

・・・いやいや、お前がやれや。

サウザーもびっくりしてるやん。

 

トキも、平静を装ったフリをしているけど、思ったはずだよ「え?ワシ?」ってね。

しかも、トキは知っていたのに、ラオウは知らんかったん?っていうところも微妙ですよね。

 

ホント、この漫画って読めば読むほど、伝承者はトキ一択ですよ。ケンシロウは、ユリアのことしか考えていないし、ラオウは部下の教育がなってないし。

 

多分、トキが伝承者なら荒廃した世紀末の世は平和でしたよ、多分。先代伝承者リュウケンは、ボケてましたね、多分。

 

まあ、漫画のキャラクターって、こういう風にがっかりしてしまうキャラが多いですよね。今回は、書きませんでしたが、「ダイの大冒険」の「クロコダイン」とか、ガンダムの「シャア(クワトロ)」とかね。

 

まあ、こういうキャラクター達がいるから、漫画って面白いんですけどね。

 

ポートフォリオに組み込んだ途端弱くなる銘柄達!

 

ところで、株式投資の世界でも、投資していなかった頃は、とんでもなく強いと思っていた銘柄が、ポートフォリオに加えたら、激弱になったりする銘柄もありますよね。

 

私の場合、「アルファベット(グーグル)」ですね。

 

去年とか、めっちゃ強かったし、ここ最近はハイテク銘柄が強いのに、このアルファベットだけは、全然上昇しません。まさに、株式投資界の「ウォーズマン」ですよ。

 

あと、米国株は、連続増配銘柄が注目されていますし、シーゲル教授の著書「株式投資の未来」を読んだ結果、インカムゲインを重視した投資家も多いと思います。

 

もし、今年から、そういう銘柄に投資している方がいらっしゃれば、同じように考えているのではないでしょうか。

 

「ジョンソ・ンエンド・ジョンソン」「フィリップ・モリス」「IBM」も、投資界のウォーズマンかもしれませんね。

 

いや・・・ジョンソン・エンド・ジョンソンはともかく、「フィリップ・モリス」や「IBM」は、最近は全然強くなかったですね。これは、投資界の「チエノワマン」かもしれません。

 

▼大変申し訳ございませんが「ポチッ」と応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

<プロモーションドリンク>

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

 

//

Source: リョウスケが米国株で億万長者を目指す
あんなに強かったのに・・・!ポートフォリオに組み込んだ途端弱くなる銘柄達

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。